現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

アンジュ21錠・28錠を、個人輸入で購入する前にご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このような事で悩んでおられる方に

  • 妊娠を防ぎたい(避妊)
  • 日常生活に支障をきたすほどの重い生理痛・出血量(月経困難症)
  • 生理前に起こる心身の不調(PMS:月経前症候群)
  • 子宮内膜症
  • 更年期障害
  • 大人ニキビ

 


アンジュの効果・効能

アンジュは2種類の女性ホルモン製剤を少量含有する低用量ピル(経口避妊薬)です。
有効成分として、黄体ホルモンのレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含有しております。
低用量ピルは女性自身で生理や妊娠をコントロールし、望まない妊娠を回避することができる薬です。


妊娠が成立するまでには3つの段階があります。
卵子が卵巣から子宮へ飛び出す「排卵」・卵子と精子が出会う「受精」・受精卵が子宮内膜に根を張るように食い込む「着床」です。最後の着床が終了したら妊娠成立となります。


アンジュをはじめとする低用量ピルには排卵を抑制する作用子宮頚管粘液の粘度を高める作用子宮内膜の増殖を抑えるという3つの作用があります。


①排卵を抑制する作用

排卵が抑制されれば受精することがないので絶対に妊娠することはありません。

②子宮頚管粘液の粘度を高める作用

精子は子宮内に侵入する際、子宮頚管粘液を泳いで卵子の元へ向かいます。
低用量ピルはこの粘液の粘度を変化させて精子が泳ぎにくくなるように働きかけます。

③子宮内膜の増殖を抑える作用

子宮内膜はいわゆる受精卵のベッドです。子宮内膜が厚くふかふかになっていないと着床しにくくなります。


上記のように、低用量ピルは妊娠に必要な過程である排卵・受精・着床全ての過程において避妊効果を発揮します。
避妊成功率は正しく服用すればほぼ100%です。

効き始めるまで

アンジュを生理開始日から服用し始めた場合(Day1スタート)、服用開始日から十分な避妊効果を発揮します。
ただし、生理日開始日以外の日から服用を開始した場合は十分な避妊効果が発揮されるまでに数日かかるため、少なくとも7日間はコンドームなどの避妊法と併用する必要があります。
これは、生理開始日から服用すれば排卵が確実に抑えられるけれどもそれ以外の場合は排卵を止めることができない可能性があるためです。


避妊以外の効果

アンジュをはじめとする低用量ピルには避妊以外にも多くのメリットがあります。
継続的に服用するとホルモンバランスが安定し、排卵を抑えることで子宮や卵巣への負担が減るためです。

●生理痛や出血を軽減

低用量ピル服用中は子宮内膜が薄くなり、生理が軽くなります。
生理痛が酷い・出血量が多いなどの症状(月経困難症)を改善します。
また、生理前~生理中に限定して心身の不快な症状が起こるPMS(月経前症候群)に対しても高い改善効果があります。


●更年期障害の症状を軽減

低用量ピルは更年期障害の治療にも有効です。
更年期障害は閉経前の女性において女性ホルモン(特にエストロゲン)の急激な減少によって起こる心身の症状です。
低用量ピルによって女性ホルモンを補充することで、更年期障害による諸症状を改善することができます。
ただし、35歳以上のヘビースモーカーの方は重大な副作用である血栓症の発症リスクが高まるため禁忌となります。


その他にも、低用量ピルには下記のような様々な嬉しい効果があります。

・子宮内膜症の予防改善
・ホルモンバランスの変化による難治性ニキビ(大人ニキビ)の予防改善
・骨粗鬆症の予防
・子宮体がんや卵巣がんの予防


低用量ピルは日本ではまだまだごく一部にしか浸透しておりませんが、女性にとって多くのメリットがあるため海外では非常にメジャーな薬です。
フランスにおいては約半数の女性が低用量ピルを服用しております。


また、低用量ピルを服用していたからといって将来妊娠しにくくなることはありません。
むしろその逆で、避妊時期に排卵を抑えて子宮や卵巣の負担を減らしていたことで、妊娠したい時に妊娠に適した体内環境をスムーズに整えることができると言われています。
(尚、低用量ピルを中止すると翌月~数ヶ月後に排卵が再開します。)


アンジュの用法・用量

避妊薬としての飲み方

アンジュを1日1回1錠、シートの番号順に従って毎日決まった時間に服用します。
1錠目から21錠目までの21日間で、茶6錠→白5錠→黄色10錠という構成になっております。
錠剤の色ごとにホルモン含有量が異なるので、絶対に順序を守ってください。
アンジュを21日間服用したら、翌日から7日間休薬します。
この休薬期間7日間のうちに「消退出血」と呼ばれる生理が起こります。(出血がない場合もありますが、さほど問題ありません。)
この合計28日間が生理周期1サイクルとなります。
自分でしっかり服薬状況を把握・管理できる方は「アンジュ21」を推奨します。
21日間(1シート分)の服用が終了したら、翌日から7日間休薬します。


服薬管理に自信がない方は「アンジュ28」を推奨します。

こちらは1シート28錠入りで、28日間毎日服用するタイプです

22日目から7日間の赤い錠剤は何の有効成分も含まれていないダミーの薬(プラセボ)です。何の効果効能もありません。

ただし、ダミーの薬を服用することで「毎日必ず服用する」という習慣がつき、飲み忘れなどの服薬トラブルを防ぐことができます。



7日間の休薬期間の翌日からは新しい周期の始まりです。
必ず新しいシートの1錠目から服用してください。

 

●飲み始めるタイミング

一般的には生理開始日から服用を開始します。

「Day1スタート」と呼ばれる服用方法で、最も推奨されております。

生理開始日に服用すると服用初日から十分な効果を発揮します。

「生理開始日まで待てない!」という方は、生理開始日以外に服用しても大きな問題はありません。 それが「サンデースタート」「クイックスタート」です。


サンデースタートはDay1スタートの次に推奨される服用方法で、生理が開始してから最初に迎える日曜に服用を開始します。
週末と生理が被らないというメリットがあります。

Day1スタートと違って十分な避妊効果を得るまでに1~2週間かかるため、最初の1~2週間はコンドームなどの他の避妊法を併用する必要があります。


クイックスタートはご自身のタイミングが良い日に服用を開始する服用方法です。

一番気軽な方法ですが、サンデースタートと同様に即効性はなく、服用開始後も最初の1~2週間は他の避妊法を併用する必要があります。

また、後々混乱しないように何日の何曜日から服用したかをしっかり把握してください。

 

生理日をずらす飲み方
●生理を遅らせたい場合

ピルのリピーターの方

まず、いつも服用しているシートとは別に「生理日調整用の予備シート」を用意します。


本来は22日目から休薬期間に入りますが、休薬せずに予備シートから「黄色」の錠剤を服用します。遅らせたい日数分だけ服用を続けてください。
尚、遅らせることができる日数は長くて10日ほどです。それ以上だと出血が起こる可能性が高くなります。

服用を止めると、1~3日後に生理(消退出血)が起こります。

 

生理を遅らせたい場合(ピルのリピーター)(28日周期)

 

●生理を早めたい場合・ピルを初めて服用して生理を遅らせたい場合

こちらは成功率が低く、推奨されておりません。

 


トリキュラーを途中で飲み忘れてしまった場合

製造販売元の公式資料には「飲み忘れた場合、翌日までに気付いたら直ちに飲み忘れた薬を服用し、その日の薬も通常通りに服用させる。

2日以上連続して飲み忘れた場合は服用を中止し、次の月経を待って投与を再開させる。

飲み忘れにより避妊効果が弱まり妊娠の可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用させる。」と記載されております。

1日飲み忘れた場合

1日以内であれば、飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用してください。

2日以上飲み忘れた場合

48時間以上経ってしまった場合は避妊効果が期待できません。
ピルの使用を中止して次の生理を待ちましょう。

休薬期間後の翌日に飲み忘れた場合

シートの1錠目を正しく服用できるかは非常に重要です。

飲み忘れによって休薬期間が8日以上になってしまった場合は排卵してしまう可能性が高まるためです。

休薬期間が8日以上になってしまった場合は、アンジュの服用を開始しても最初の1~2週間はコンドームなど他の避妊法を併用してください。

 


他の低用量ピルに切り替えるタイミング

シートを飲み終え7日間休薬した(もしくはダミーである赤い錠剤を飲みきった)翌日に切り替えるのが一番簡単で一般的です。

 


使用上の注意

副作用

主な副作用:頭痛、胸のむかつき、吐き気、下腹部痛、動悸、めまい、乳房の張り・痛み、不正出血、眠気、倦怠感、体重増加など
重大な副作用(ごく稀):血栓症(手足の痛み・腫れ・むくみ・しびれ、息切れ、呼吸困難、胸痛、視力障害、片側の麻痺、うまく話せないなど)
服用開始時期は主に頭痛・吐き気などの軽度な症状が現れることがありますが、これはホルモンバランスの変化のためなのでさほど心配いりません。数日経てば症状は改善します。
もしも症状が重い場合・一向に改善しない場合は早めに医師に相談してください。


服用できない方
  • ・本剤の成分に対し過敏性素因・過敏症の既往歴
  • ・エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌・子宮癌など)・子宮頸癌またはその疑い
  • ・未診断診断の異常性器出血
  • ・血栓性静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患またはその既往歴
  • ・35歳以上で1日15本以上の喫煙者
  • ・前兆を伴う片頭痛
  • ・肺高血圧症や心房細動を合併する心臓弁膜症・亜急性細菌性心内膜炎の既往歴がある心臓弁膜症
  • ・血管病変を伴う糖尿病患者(糖尿病性腎症・糖尿病性網膜症など)
  • ・血栓性素因がある
  • ・抗リン脂質抗体症候群
  • ・手術前4週以内・術後2週以内・産後4週以内または長期間安静状態
  • ・重度の肝障害・肝腫瘍
  • ・脂質代謝異常
  • ・重度の高血圧
  • ・耳硬化症
  • ・妊娠中に黄疸・持続性そう痒症・妊娠ヘルペスの既往歴
  • ・妊娠中またはその可能性・授乳中
  • 骨成長が終了していない可能性がある

Copyright © SORASHIDO. All Rights Reserved.